massumifukuda.net

Just another Front-End Engineer

Laravel

Laravel5.4 (1) さくらのレンタルサーバーへインストールする

投稿日:01/02/2017 更新日:

まずはPHPのバージョンを確認

$php -v

5.6.4以上でないといけないようです。

PHP 5.6.30 (cli) (built: Jan 20 2017 10:39:07)
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v2.6.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies
with Zend OPcache v7.0.6-dev, Copyright (c) 1999-2016, by Zend Technologies

次にcomposerのインストール

http://c-rtx.com/2015/09/22/laravel-on-sakura-rental-server/を参照

Laravel5.4(最新版)のインストール

$composer create-project --prefer-dist laravel/laravel [プロジェクト名]

Installing laravel/laravel (v5.4.3)
– Installing laravel/laravel (v5.4.3) Downloading: 100%
Created project in bookwave2
> php -r “file_exists(‘.env’) || copy(‘.env.example’, ‘.env’);”
Loading composer repositories with package information
Updating dependencies (including require-dev)
Package operations: 59 installs, 0 updates, 0 removals
– Installing symfony/polyfill-mbstring (v1.3.0) Loading from cache
– Installing symfony/var-dumper (v3.2.2) Downloading: 100%

symfony/var-dumper suggests installing ext-symfony_debug ()
symfony/console suggests installing symfony/filesystem ()

Writing lock file
Generating autoload files
> Illuminate\Foundation\ComposerScripts::postUpdate
> php artisan optimize
Generating optimized class loader
The compiled services file has been removed.
> php artisan key:generate
Application key [base64:**********=] set successfully.

なんか色々suggestされていますが、インストールされたようです。

$ php artisan -V

Laravel Framework 5.4.7

さくらのサーバーで使うために必要な設定はたぶん2つだけ!

wwwフォルダ以外の公開ができないため、publicフォルダをwww以下へ移動しなければなりません。
それに伴い公開フォルダ内のファイルを2カ所変更する必要があります。

1) .htaccess

移動してそのまま公開しようとすると500エラーとなります。
ログを見ると
Options not allowed here
となるので(移動した先のpublicフォルダ)/.htaccess のこの部分をコメントアウトします。
あともしpublicフォルダをサブフォルダに指定している場合はRewiriteBaseに一段階かませる必要があります。

2) index.php

この状態では500エラーは消えますがデモ画面が表示されません。
(移動した先のpublicフォルダ)/index.php内の2カ所にあるbootstrapへのパスを書き換えます。
カレントディレクトリからアプリケーションフォルダへの相対パスで指定します。

ビデオでも言われていますが、コメントが詳しく書かれているので読んでるとなんとなくわかったような気になれます。。。
とりあえずデモ画面を表示できました!

-Laravel
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

さくらのVPSへLAMP環境を構築してLaravelをインストールするまで

Laravel5.3の環境構築でハマった点のまとめ−1

Laravel5.3をインストールして環境を構築中。 デモ画面(”/”)以外のページを開こうとすると500エラーになる ようやくデモ画面まで表示されたもののそれ以外のビューでは …

さくらのVPSへLAMP環境を構築してLaravelをインストールするまで

Laravel5.4 (2) MySQLデータベースのセットアップ

まずSSH接続してからmysqlサーバーへ接続してみます。 $ mysql -u [DBユーザー名] -p [データベース名] -h [ホスト名 例:mysql999.db.sakura.ne.jp] …

Laravelデモ画面

さくらVPSでLAMP環境を構築してLaravel5.4をインストール

OS : CentOS6.9 PHP : 5.6 MySQL : 5.5 Laravel : 5.4 で環境を構築します。 結構大変でした。。。 さくらVPSの管理画面からCentOSをインストールし …

さくらのVPSへLAMP環境を構築してLaravelをインストールするまで

Lalavel5.3で認証周りを設定する

コマンドラインですることはこれだけ、

↑だけで実装できるはずらしいのだが、ブラウザから [アプリのURL]/home, [アプリのUR …

さくらのVPSへLAMP環境を構築してLaravelをインストールするまで

Laravel5.4 (3) 基本のルーティングとビューの作成

アプリケーションのページのルーティングを制御しているファイルが /routes/web.php にあります。

↑の 1つ目のパラメータ …