massumifukuda.net

Just another Front-End Engineer

Laravel さくらVPS 環境構築

さくらVPSでLAMP環境を構築してLaravel5.4をインストール

投稿日:

OS : CentOS6.9
PHP : 5.6
MySQL : 5.5
Laravel : 5.4
で環境を構築します。

結構大変でした。。。

さくらVPSの管理画面からCentOSをインストールして、バージョンを確認します。

yumをアップデートしておきます。
必要ないかもしれませんが。。。

OSを日本語化します。

作業用ユーザー(admin 名前はなんでも)を作ります。
パスワードを設定してグループに加えます。

確認し、一旦ログアウトして、作成したユーザーでログインしてみます。

Apacheをインストールして、自動で起動する設定します。

Apacheの設定ファイルを少しいじります。
configtestしてsyntax OK だったらおK、Apacheを起動します。

apacheを起動してもブラウザからは確認できず。。。↓
原因:ファイアウォールの設定をしないと弾かれてしまいます。

再度ブラウザからURLをたたいてみるとApacheの初期画面が表示されるはず

PHPをインストール
まずはレポジトリを用意します。

できたらPHPをインストール
ドキュメンテーションでは必要な拡張機能は
・OpenSSL PHP Extension
・PDO PHP Extension
・Mbstring PHP Extension
・Tokenizer PHP Extension
・XML PHP Extension
PHPの公式によるとver.5.6ではほとんど初期状態に含まれているのであえてインストールの必要なし、とのことですが、あとあとハマってしまいました。
なので全部入れてしまいます!

設定ファイルを編集してApacheを再起動

MySQLをインストール

質問に答えていきます。
rootにパスワードを設定したり、testDBを削除したり。

ここまででようやくLAMP環境を用意できました。
これからLaravelをインストールします。

まずはComposerをインストールして、Pathを通します。
“composer”と入力してロゴと説明文が表示されればOK

↑こういうのが出てきます

Laravelをインストール!!

プロジェクトのディレクトリへ移動して、”php artisan list”と打ってヘルプ画面が表示されればOK!

-Laravel, さくらVPS, 環境構築

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

さくらのVPSへLAMP環境を構築してLaravelをインストールするまで

Laravel5.3の環境構築でハマった点のまとめ−1

Laravel5.3をインストールして環境を構築中。 デモ画面(”/”)以外のページを開こうとすると500エラーになる ようやくデモ画面まで表示されたもののそれ以外のビューでは …

さくらのVPSへLAMP環境を構築してLaravelをインストールするまで

Laravel5.4 (1) さくらのレンタルサーバーへインストールする

まずはPHPのバージョンを確認 $php -v 5.6.4以上でないといけないようです。 PHP 5.6.30 (cli) (built: Jan 20 2017 10:39:07) Copyrigh …

さくらのVPSへLAMP環境を構築してLaravelをインストールするまで

Laravel5.4 (2) MySQLデータベースのセットアップ

まずSSH接続してからmysqlサーバーへ接続してみます。 $ mysql -u [DBユーザー名] -p [データベース名] -h [ホスト名 例:mysql999.db.sakura.ne.jp] …

さくらのVPSへLAMP環境を構築してLaravelをインストールするまで

Laravel5.4 (4) ビューへ値を渡す

前回までで静的なページの作成ができたので、今度はアプリケーションからビューへ値を渡してみます。 変数を渡す まずビューファイルを編集します。 /resources/views/about.blade. …

FFFTP or Cyberduck で 553 Could not create file. エラーがでたら

パーミッションの変更をしても治らない。。。 ディレクトリの一覧表示はできるのですが、アップロード、上書きアップロードが出来ません。 そんな時は。。。 vsftpd の設定ができるなら以下のように変更し …